スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴジラとvsビオランテ

ふと仕事中にゴジラが観たくなり、早速帰りに横浜のヨドバシカメラへBDを探しに行ったところ、大きなDVD/BDの販売コーナーがあるにもかかわらずゴジラシリーズの在庫はDVDで4枚のみ
こりゃそんじょそこらの小売店じゃ駄目だと思い、安心と信頼のamazonでBD2作品をポチりました。

ゴジラ

左から「ゴジラ(1984年版)」、「ゴジラvsビオランテ」です。
前者の「ゴジラ(1984年版)」は1954年に公開された初代ゴジラから30年後という舞台設定になっており、平成ゴジラシリーズの先駆けとなる物語になっております。
後者の「ゴジラvsビオランテ」はその更に5年後の物語で、以降「ゴジラvsデストロイヤ」までの7作品が「平成vsシリーズ」と呼ばれている同一の世界観で進行する物語となります。

ちなみに初代ゴジラの次に放映された「ゴジラの逆襲」から「メカゴジラの逆襲」までの所謂「昭和シリーズ」は、いわば黒歴史扱いとなっており、「ゴジラ(1984年版)」以降の物語とは全く関係が無くなっております。
‥まあその辺は物語の整合性をとるために止むを得ない処置なんでしょうなあ。

というわけでどうでも良い蘊蓄はさて置き、視聴した感想。

ゴジラ(1984年版)

この作品は今まで観たことが一度も無かったので、最後までwktkしながら観ることが出来ました。
内容はゴジラ出現を巡る東西冷戦下の政治的な話に重きが置かれており、子供の頃に観たらきっと退屈していただろうなあ、というのが素直な感想です。
しかしこの作品に登場する内閣総理大臣がやたら恰好良く感じてしまうのは、最近の政権への不満のあらわれなのでしょうか。
特に政治には興味の無い私でも頼りないと感じてしまうあたり、近頃の首相は相当駄目なんでしょうなあ。

ゴジラvs人類という構図もこの作品の見どころの一つで、本作品では以降ちょくちょくお目見えする自衛隊の兵器、「スーパーX」の初号機が登場します。
ゴジラの火炎放射能に幾度か耐え、更にはカドミウム弾でゴジラを昏倒させるという大活躍をしますが、悲惨という外ない最期を迎えた上、誰もその事に触れないという可哀そうな役どころ?になっております。

ゴジラvsビオランテ

私が生涯初めて劇場で観たゴジラで、その所為か分かりませんがゴリラシリーズで最も好きな作品です。
前作の翌日から物語がスタートしており、前作同様非常にハードな所謂大人向けの物語となっております。
劇場で観た当時は、ゴジラの敵役として登場するビオランテが怖くてしょうがなかった記憶がありますが、観直した今でもその迫力に圧倒されてしまいました。
特に観て欲しいシーンとして、最終形態のビオランテが土煙を上げながらゴジラに迫っていくシーンがあります。
CGではない、特撮ならではの迫力がそこに凝縮されているといっても過言ではありません。

そして本作品でも自衛隊の対ゴジラ兵器スーパーXの2号機「スーパーXⅡ」が登場、ゴジラの火炎放射能を倍加して反射するという厨二設定に、当時の私は強く惹かれたのを覚えています。
今でも大好きだけどな!

というわけでこれから毎月少しずつ、平成vsシリーズのBDを買い足していきたいと思います。
ゴジラ、お勧めです。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

夏の恐怖映画三本だて

先日、一仕事終えて同僚と休憩室でダラダラしていた際、ゾンビを始めとしたクリーチャーが出てくる映画が話題になりました。
私自身そういった非現実的な物語が大好物なので「ドーン・オブ・ザ・デッドやサイレントヒルが面白かったですな~」などと言ったところ、「それなら似たような作品のDVD持って来てやんよー」と翌日DVDを持ってきて下さいました。

というわけで、この週末は一度も外出することなく拝借したDVDの一人鑑賞会と相成りました。
まあ週末外出することの方が稀なんですが、それはまた別のお話。

わりと怖い

左から「28週後...」、「30DAYS OF NIGHT」、「クローバーフィールド」です。
どれもこれも異形のモンスターが出て来るものばかりで御座るの巻。
出来るだけ内容については言及しない様に心がけたいと思いますが、少しでもネタバレが嫌いな方はこれ以降読まない方が良いかも知れません。

--

最初に観たのは「クローバーフィールド

全長約100mの異形の怪物がニューヨーク襲う!といった内容の怪獣映画です。
一般人が怪獣に遭遇したらどうなるのか」を、ハンディカメラで撮ったようなブレまくりの映像や、得られる情報を極端に制限することで表現しようとしたらしく、「どういった経緯で怪獣が現れたのか」、「何故人を襲うのか」、「怪獣はどうなったのか」、以上について劇中では全く触れられておらず、人によっては消化不良を起こしてしまうかも知れません。

確かに臨場感はあるけれども徹底してそれに拘る必要はあったのだろうか、出来れば一般人からの視点のみではなく、怪獣の謎に迫る第三者の視点もあれば良かったなあ、と思ってしまった私はゴジラ大好きっ子です。
そして余裕で消化不良を起こしました。完。

お次は「30DAYS OF NIGHT

極夜が訪れた寂れた町を吸血鬼の群が襲う、といった内容のホラー映画です。
前半部分は見えない脅威が迫りくるといった感じで本当に怖かったですが、吸血鬼が姿を現した中盤~後半部分は血飛沫スプラッタ何でもござれでとてもB級でした。
でもこういう頭を使わずに観れる作品嫌いじゃない‥というわけで今回観た3作品の中では最も楽しめたで御座るの巻。

最後は「28週後...

28日後...」の続編にあたる、スタイリッシュゾンビアクション映画?です。
28日後はwikipediaであらすじだけ読んで実際に観たことが無かったので、ところどころ「ん?」となるシーンがありましたが、まあ初見でも楽しめるかなあといった感じのストーリー。
こちらも血飛沫スプラッタ何でもござれでしたが、全体を通して丁寧に作られているためB級という印象は受けませんでした。

それにしても最近のゾンビ(厳密にはゾンビではなく感染者なのですが)は本当に元気に走り回りますよなあ。
もっそり動くゾンビならまだしも、こんな活きのいいのに襲われたらひとたまりも無い上に、一噛みで感染ですよ、奥さん。
実際こんな状況に陥ったら間違いなく自ら命を断つレベルで御座るの巻。
続編が示唆されていたので非常に楽しみです。

--

というわけで3本の作品を観終わった訳ですが、予想通り夜トイレに行くのが怖くなってしまいました。
こんな時はあれだな、甘いものを食べてエロ本でも読むに限る!
ピャー

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ガンダム00の生フィルム

先日購入した、「劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」に初回限定特典として付いてくる映画の生フィルム。
私のものに封入されていたフィルムが期待していたシーンのものではなく悲嘆に暮れていたところ、Yahooオークションにて取引が行われているとの情報をIRCにてキャッチ。
早速Yahooオークションで出品物を確認すると‥

予告等で流れていた、フェルトが刹那の手を握っているシーンの生フィルムが出品されているやないか!

というわけで年末の散財で非常に財政が厳しい状況下でしたが、オークションに参戦してみました。
とりあえず3万までは出すと予め線引きをしておき、オークション終了間際のギリギリの攻防に臨んだ結果‥

10511円で落札出来ました!

オイオイ、フィルムの切れ端に1万とか正気かよ、という方もいらっしゃるかも知れません。
実際、届いたフィルムを見た妹にも失笑されました。

しかし、私のコレクター魂とガンダム00、更に言うなればフェルトへの愛は何人たりとも止められないィ!
たとえエピローグに一切出て来ずとも、刹那とマリナが良い感じになろうとも、きっとフェルトはあの日の姿のまま刹那を待ち続けているんだぜ!

‥ちょっと暴走が過ぎましたが、落札したフェルトのフィルムはこんな感じです。

フェルト

最終決戦の最中、ELSとのファーストコンタクトに失敗し脳にダメージを負って意識不明の刹那を想い、目覚めを祈るシーンで御座るの巻。
上映開始前から幾度となく流されていたシーンなので、見覚えのある方は多いはず‥ハズですよね。

ちなみに私が購入したBDに付いていたフィルムはこちら。

シーリンさん

シーリンさんです。
最終決戦を前に、反政府組織のリーダーから一転、国連政府のお偉いさんになった、恐らく劇中でコーラサワーに次ぐ勝組であろうクラウスさんとお話しているシーンですな。
まあjoeや冬将軍が引いた、機械のフィルムやら、おっさんモブキャラのフィルムに比べれば随分良いものだとは思いますが、イマイチインパクトに欠けるで御座るの巻。
やはりガンダムマイスターとかトレミークルーのものじゃないと微妙だよなあ‥

というわけで少々費用はかかりましたが、満足のいくフィルムをゲット出来て漸く心のつかえがとれました。
私はこれからもガンダム00を応援します。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-

遂に、遂に届きました!

生まれて初めて劇場に3回足を運んだこの作品が届くこの日をどれだけ待ち望んだことか‥
こんなに嬉しいクリスマスプレゼントは何年ぶりでしょう。

クアンタさんまじイケメン

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-

というわけでBD初回限定版です。
凄い凝った装丁‥格好良すぎるで御座るの巻。
更にこんなダンボールに入っておりました。

ウひょお

ううん、気合入りすぎ!
でもそこに痺れる憧れるゥゥゥ。
そして中身はこんな感じでした。

盛り沢山

なんというか絵コンテ集とかこれだけで別に販売してもよさそうな感じですよ。
00ファンにとっては至れり尽くせりの内容物です。

ちなみに映画のフィルムは‥シーリンさんでした。
可も無く不可も無くといったところでしょうか‥

でも僕は、僕は刹那さんのフィルムが欲しかったんだあああああ!


私、物心つく前からずっとガンダムが好きで好きでしょうがなかったのですが、今までのガンダム作品で一番好きなのがこの00です。
中には宇宙世紀ものではないということで敬遠されている方がいらっしゃるかも知れません。
確かに、重厚な世界設定やドラマ性など、宇宙世紀ものにはいいところが沢山あると思います。
しかし同時に00にも同じくらい良いところがあるで御座候。
まだ観たことがない方、または途中で観ることをやめてしまった方、是非ともTV版1話から劇場版まで観て下さい。
ばかげた導入部から、最後のエピローグまで、決してぶれなかったメッセージが見えてくると思います。

というわけでこの日は一日、00尽くしと相成りました。
俺たちは/私たちは、分かり合うことができた―…

テーマ : ガンダム
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

GEVA

Author:GEVA
Mail & WindowsLive:
gevarkあっとまーくhotmail.com
Skype:geva1027
mixiニックネーム:GEVA
FinalFantasyXIV:Bahamut
FinalFantasyXI:Cerberus
RagnarokOnline:Olrun(Iris)
FantasyEarthZero:Ishuld(ホル)

趣味:ネトゲ、お絵描き
仕事:そんなこたぁどうでもいい

コンタクトお気軽にヨロシクです!
コメント頂けたら小躍りするレベル



Twitter...A

Twitter < > Reload

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。