スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花金ホルモン

金曜日から既に週末は始まっている。

というわけで平日で会社に行かねばならぬとはいえ、休みを翌日に控えた日というのは朝からワクワクが止まらないものです。
普段と変わらない筈の朝コーヒーも格別の味がします。

朝

とは言ったものの、正直コーヒーの味なんかてんで分かりません。
流石に水一杯貰って店内で寛ぐ訳にもいかず、「なんとなく」、「大人な味がするだろう」、という意識の低さで毎度注文しております。

巷には「コーヒーが美味い」と仰る方がいらっしゃいますが、今まで自分自身美味しいと感じたことがないので、そういった話になった際は確かに確かにと適当に合わせているのは秘密で御座るの巻。
香りが良かったりするのは何となく分かるものの、それが本当に美味いかと問われると‥ありていに申し上げて「よくわからない」としか答えられません。
ただ、甘い(缶)コーヒーは大好きです。
糖分過多になるので滅多に口にしませんが。
同様の理由で、大体コーヒーを飲む際はミルクも砂糖も無しです。

--
ちなみに写りこんでいる本は綾辻行人の「深泥丘奇談(みどろがおかきだん)」というホラー短編集。
この人の書くホラーは「殺人鬼」シリーズなどを始めとして苛烈なものが多いのですが、今回はかなり毛色の違うマイルドな作品でした。
内容もそれ程難解でもないので、手軽にサッと読めるという点ではお勧めかも知れません。
またぞろ、お勧め小説の紹介でもしたいで御座るの巻。

--
話は随分と脱線しましたが、コーヒー話で味覚の未熟さを露呈したところで、この日の午後は安定と信頼の「亀戸ホルモン」通称「亀ホル」へ、みたらさんと共に行って参りました。
コーヒーの味は分かりませんが、こと肉に関しては寺門某氏程とは申し上げないまでも、かなり味の分かる方であると自負しております。
そんな私が足繁く通うお店ということで大体の味は察して頂ければ幸いです。

当日は終日親不在で自宅に帰っても飯が無いため、何を食って帰ろうかと一日思案した結果、迷ったらとりあえず亀ホルよね、ということで突発的にホルモン会の参加者を募集。
みたらさんが都合がつくということで同伴して頂くことになりました。
毎度毎度私の誘いは急なのですが、それでも付き合ってくれる方がいるのはかなり幸せなことですよな‥ありがたやありがたや。

とりあえず仕事が終わったら急行する予定でしたが、17時過ぎから始まった打ち合わせが19時半まで長引き、結局恵比寿に着いたのが20時半。
みたらさんは20時10分頃に到着していたとのことで、氷点下かと思えるほどの厳しい寒さの中20分も待たせてしまう結果となり、非常に申し訳ないことこの上ありません。
ちなみに恵比寿までの電車の中、自分の座っているシートの両隣だけ誰も座らずテンションが著しく低くなっていたのはご愛嬌。
男女問わず、私を見て座らない判断をするのはホント傷付くからやめて欲しいで御座るの巻。

そんなことはさておき、無事みたらさんと合流して颯爽と亀ホルへ向かったところ‥

物凄い数の待ちPTが発生している。

亀戸にある本店と違い、恵比寿店はこれまでそれ程待たされるという事が無かったので完全に油断しておりました。
店員さんにどれ位で入れますかね、と恐る恐る尋ねたところ、「21時半頃になります(約1時間待ち)」という無慈悲な回答を頂戴。
このクソ寒い中で本当に待つのか?という空気に一瞬なりかけましたが、流石にここまで来て別のお店に行くのも勿体無いということで順番待ちすることに。
途中で購入した暖かいお茶もあっという間にその温度を失う程に圧倒的な厳寒の中、震えながら待つこと約1時間。
ようやく入店の運びと相成りました。

みたらさんが亀ホル初来店ということで、自分的お勧めの品を一通り注文。

まめもやし

先ずは安定と信頼の「豆もやし」。
ごま油?ベースのタレが程よく絡んでおり、お酒のおつまみとして最適です。
毎度ホルモンが出てくるまでの繋ぎとして注文しております。

きむち

そして焼肉といえば「キムチ」。
亀ホルのキムチは塩辛などのある種の生臭さを感じさせる食品が含まれておらず、非常にサッパリとした味わいになっております。
自分自身、生臭いものは苦手なのでこの手の味付けはかなりの高評価。

ホルモン

まず初めは「ホルモン」。
基本にして至高、これの味で大体その店がどの程度なのか判断出来ます。
イマイチなお店は、噛み切れない、臭みがある、などトラウマレベルのものが存在するので要注意。
大体ホルモンが嫌いという方は、初めて食べた物が不味かったからではないでしょうか。
そういう方に再びホルモンを食べてもらうのは至難の業なので、何にしても初物を食べる際のお店、品選びは慎重になせねばなりません。

レバホル

お次は「マルチョウ」&「レバー」。
マルチョウは腸を輪切りにして裏返したもので、非常に油が乗っており口の中で文字通り溶けていきます。
私自身、亀ホルではこれが一番のお勧めです。
そしてレバー。
臭みやレバー特有のモサモサ感?が無く、プリップリの食感。
正直レバーは苦手で出来れば食べたくない部類の物でしたが、ここのレバーを食べて価値観が180度変わりました。
とはいえ調子に乗って別のお店でレバーを頼むと噴飯レベルで不味いことがあるので、果たしてそれが良かったのか悪かったのかは今も分かりません。

トンとろ

左にあるのが「トントロ」。
いつ頃からか、焼肉屋ではお馴染みの一品になりました。
注文しておいてなんですが、正直これはイマイチなので亀ホルならば素直にホルモンを食べるべし。

上ハラミ

圧倒的存在感の「上ハラミ」。
ご存知の方も多いこのハラミ、一見赤身のお肉に見えますが、牛の横隔膜で立派なホルモンです。
味や食感がカルビと似ており、しかしそれ程脂っこくも無くカロリーも圧倒的に低いため、カルビは好きだけどあまりに脂っこいのはちょっと‥という方にお勧めです。
ちなみにこちらは亀ホルで一番高価な品で、配膳される際に「余り焼き過ぎないでお食べ下さい」とアドバイスされます。
レアで食べるのが滅茶苦茶美味い!

焼く

ひたすら貪り食うこと約1時間半。
もう食べ切れん、ということで亀ホルを退散しました。
そして今回も品切れであった「おっぱい」。
このところ全く食べれていないので、土日いずれかの早い時間に予約を入れて何としてでも食べたいところで御座るの巻。

--
お店を出たのが23時を回るか回らないかというギリギリの時間でしたが、肉の後は甘いものが定石。
ということで甘味が食べれるお店を探すものの時間が時間だけになかなか見つからず、辛うじて駅の裏手にサイゼリアを発見、終電までの残り時間約30分というところで入店。
ほぼ深夜という時間にもかかわらず非常に店内は混み合っており、果たして注文の品が出てくるまでどれ位かかるのだろうかと不安になりましたが、ここまで来て帰るわけにもいくまいと強行。
結局杞憂で約10分程で配膳されました。

サイゼ

新作デザートとチョコケーキ。
詳しい名前は忘れてしまいましたが、モチモチとしたシナモン風味のパン生地の上にバニラアイスとブルーベリーが丸ごと入ったソースが載っております。
ナイフとフォークで頂くのですが、これがまた美味いの何の。
正直チョコケーキを頼むのではなく、これを2つ頼めば良かったと軽く後悔しました。

甘いものは別腹とはよく言ったもので、もう2つ3ついきたい所ではありましたが、終電を間際に控えて泣く泣くサイゼリアを後にする私ども。
滞在時間約15分という慌しいスイーツタイム、やはり甘いものって本当にいいですなあ。

というわけで肉を食べ、甘味を食べ、余すところ無く花金を堪能、週末はやはり金曜夜が至高ですなあ。
果たして来週末は何をするか、それを考えることが今の生活の一番の楽しみで御座るの巻。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

FUTAGO

全てから解き放たれる金曜の18時、久しく感じたことの無かった喜びをかみ締めながら、会社の同僚と1月経過を祝して?新橋へ肉を食らいに行って参りました。
というわけで今回のお店はこちら。

大阪焼肉ホルモン「ふたご」

最近関東圏でその店舗数を著しく拡大している、恐らく大阪発祥であろう焼肉屋さんです。

久しぶりの肉ということでテンションMAXとなるところが、正直店舗に行くまではあまり気乗りしておりませんでした。
というもの、前日予約のために電話連絡したところ、空きの確認をしてまいります!と保留されてから丸々10分放置された挙句、突然通話を終了されるという扱いを受けてしまったためです。
携帯から発信していたので「おいおい10分って一体どれくらい電話料金発生したんだよ‥」と、顔面ブルーレイ&般若の形相になり、怒りの再コールするも約30分通話中で繋がらないという異常事態。
ネット上とは違いリアルではあまり怒りを露にしない私ですが、繋がった際には流石にどうなってんだーと流石に問い詰めてしまったで御座るの巻。
しかしそのまま予約をするあたり、よくわからない客です。

そのようなことがありはしたものの、サービス自体は上々で、お肉も非常に美味しかったです。
特にお勧めのお肉にはメニューの横に「トングマーク」が記載されており、それを注文すると店員さんが手ずからに焼き上げてくれるというサービスつき。
正直肉を焼くのが好きな私としては、自分で焼かせて欲しいという気持ちはありましたが、流石に初めての面子だったので借りてきた猫のように大人しく焼き上がるのを眺めておりました。

そして更に、特定のメニューを注文すると、店員さんが掛け声をかけて焼き始めるという、このノリは一体‥というサービスもあります。
例えばふたご名物の「はみ出るカルビ」を注文すると、

店員さん「はみ出るカルビはいりました~!!せ~のっ
その他店員&店内の客「よいしょ~!

というなんともしんどいノリがいたる所で展開され、孤独のグルメの五郎ちゃんばりに微妙な面持ちになったりならなかったり。
肉を食べる時はね、誰にも邪魔されず自由でなんというか救われてなきゃあダメなんだ。
独りで静かで豊かで‥

--
というわけでしこたま肉をかっ食らい、店を出たのは22時半近く。
いや~やっぱ肉は最高だなあ、と立ち上がったところ異常事態が‥

左膝が滅茶苦茶痛い。

お、おいまさか痛風か?!
たったビール2杯しか飲んでないのに嘘だろ‥と再び顔面ブルーレイになるも、歩けないほどの痛みではなかったので他の面子には悟られないように何とか帰宅。
痛み自体は弱まったものの、折角の週末に違和感を感じながら生活をする羽目になったで御座るの巻。

確かに社会復帰して僅か1ヶ月あまりで数kg増量してしまったものの、お酒もそこまで飲んだわけでもなく、バランスの悪い食事を摂ったわけでもないのにまさか‥とは思いつつも、遂に来るべき時が来てしまったか、と諦観してしまっている今日この頃。
原因がわからずじまい、そして悪化すると怖いので、週明けにでも医者に行ってみようと思います。

はあ、最近医者ばかり行ってるな‥

--
ちなみに今回画像が無いのは、カメラにメモリが入っておらず、山ほど撮った写真が1枚も保存されていなかったからで御座るの巻。
痛恨の極み。

平日の午後

久しぶりに麺が食いたい!
というわけで、以前訪れた品川の某つけ麺店へ仕事帰りに行って参りました。
この日の同行メンバーは前回に引き続き鉄砲氏と、大学と職場の先輩である小椋氏。

雷雨が通り過ぎたおかげか気温がグッと下がって肌寒さを感じる程になっており、まさにつけ麺日和と言っても過言ではない絶好のコンディション。
敢えて週末から1日ずらすことで混雑を回避し、待ち時間0で魚介風豚骨スープを堪能することが出来ました。

お腹も満ち足りたところで横浜へ移動し、小椋氏一押しの横浜ジョイナス地下1階にある喫茶店「クラシックカフェ・ラ・ミル」へIN。
ホットという気分でもなかったので、アイスでお勧めらしい「プレミアムカフェグラッセ」と、ケーキセットで「モンブラン」、「キャラメルシフォン」を注文。
本当はモンブランのみを注文したのですが、ハーフサイズしか残っていないということでハーフセットなるものにしてシフォンを加えて貰いました。

カフェ

皿に乗っているケーキの左が「キャラメルシフォン」で、右が「モンブラン」です。
ハーフサイズなので寝てしまっているのが見た目的に美しくありませんが、味の方は非常に素晴らしかったです。

そして昔は山の様に砂糖やシロップ、ミルクなどを入れて飲んでいたコーヒー。
味覚が変化したのか、最近はブラックの方が美味しいと感じるようになりました。
厨二病乙!と思われるかも知れませんが、特に甘味と一緒に飲む際はその旨みを最大限に堪能できると思いますので、騙されたと思って一度ブラックで飲んでみては如何でしょうか。
ただ、安物のコーヒーや缶コーヒーはお勧め出来ません。

というわけで同店でおおよそ1時間ほどアニメや漫画、ゲームなどのボーイズトークを繰り広げた後、帰宅の途へつきました。
週末だけではなく、たまには平日に遊ぶのも良いもので御座るの巻。

テーマ : カフェ
ジャンル : グルメ

つけ麺~TETSU~

先週に引き続き友人の鉄砲氏と仕事帰りに週末グルメ小旅行をして参りました。
今回は品川駅を出て直ぐにあるつけ麺のお店「TESTU」。

TETSU

外観はこんな感じ。
ちなみにこのお店は品川駅高架下に設けられた7つのラーメン店が軒を連ねる「麺達七人衆 品達」の内の1店となっております。
7つ全てが全国的に有名なお店ということで、新横浜にあるラーメン博物館の縮小版といった感じでしょうか。

18時半にお店に着くと、人気店にはつきものの行列を発見。
長蛇の列という程ではないですが、パッと見た感じ5人程並んでおりました。
このお店は先に食券を購入するシステムになっているらしく、私は「特製つけ麺」と「大盛り」の食券を購入して列の最後尾へ。

当日はとても寒かったので鉄砲氏オススメの「あつもり」(麺が暖かい汁に入っており、とてもあたたか~い)を頼もうかと思いましたが、つけ麺のお店だしやはり最初は王道のつけ麺を食べねば‥という使命感に燃え、敢えてつけ麺を選択。
15分程表でガクブルした後、店内へと案内されました。

店内にはカウンター席が15席ほどとテーブル席が2つしかなく若干狭い感じでしたが、表側全面が引戸になっているので着席までの流れは割とスムーズ。
また、狭いながらも席の足下には荷物を入れるための籠も用意してくれているので、仕事帰りなどで鞄を持っていても安心です。
そして待つこと5分、待望のつけ麺が運ばれて参りました。

つけた麺

特製つけ麺(大盛り)

特製ということで、スープには味付け卵やチャーシューを始めとしたトッピングが全て入っております。
特筆すべきは肉厚でトロトロの角煮風チャーシューが3~4枚入っていたこと!
肉好きの私には堪りませぬ。

気になるお味の方ですが、スープは濃厚な魚介豚骨となっており、口に入れた瞬間魚介の風味が広がります。
そしてかなり粘度も高い濃厚スープなのですが、意外と後味はあっさりしていてgood。
麺は太麺でモチモチとした歯応えでこちらも非常に美味しく頂くことが出来ました。

量の方はというと兎に角ボリュームがあり、この日は昼もろくに食べていなかったので大盛りで足りるかな~と心配しておりましたが、大盛りよりも更に量が多い「特盛り」や「山盛り」にしなくて良かったと思う程に満足出来ました。

また、残ったスープを割って飲むためのだし汁もカウンターに常備されておりましたが、私は麺にスープを絡ませ過ぎて食べたおかげで、麺が無くなるよりも早くスープが無くなってしまったで御座るの巻。
聞いたところによるとスープの継ぎ足しもしてくれるとのことですが、実費がかかるのかは不明です。

ちなみに私共が座っていた席の隣にいたサラリーマンが「石下さい」と店員さんに謎の注文。
そのサラリーマンの連れを含めた周辺の人間は皆「」という感じでしたが、程無く店員さんが鍋に入れて持ってきたのは‥文字通りの石。
熱々に熱しているらしく、スープに入れた瞬間すごい勢いで沸騰しておりました。
それを見てサラリーマンは「ドヤァ」みたいな顔をしていたのが非常に印象に残りましたが、近頃のつけ麺屋さんはこんなサービスもしているんですなあ。

というわけでこの日も重いお腹を抱えつつ帰路に着くのでありました。
機会があれば他の6店にも足を運んでみたいものです。

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

焼肉~アリラン亭~

週末といえば肉!肉といえば焼肉!焼肉こそ人類の至宝!

ということで、昨夜は数少ない友人の鉄砲氏と仕事帰りに2012年初の焼肉を食べに行って参りました。
今回訪れたのはこちら、「焼肉大飯店横浜 アリラン亭 西口店

横浜駅近辺の焼肉屋では割と評判が良かったのでチョイスしてみましたが、普段利用しているお店よりグレードが上?っぽいため、店内の空気がいつもと違うことに多少たじろぐ‥
そして通されたのは2階の座敷卓

座敷ですよ、座敷、脚を伸ばして座れる例のアレです。
焼肉屋で座敷卓に通された事なんてここ数年無かった気がします。
などとどうでもいいことに感動しつつも、早速飲み物とおつまみを注文。

キムチ

焼肉屋に行ったら、とりあえずキムチ
キムチの良し悪しでそのお店の食に対するこだわりが分かるってなもんです。
若干言い過ぎな感じがしないでもありませんが、大体キムチが美味しいお店はお肉も美味しいです。
というわけで最初のキムチはなかなかのお味‥が、少し酸味がきつい。
酸味が強いのは少々苦手なので、直ぐにユッケに移行。

桜ユッケ

桜ユッケ。
桜ということはつまり‥後は分かるな?
多分馬肉だと思いますが、違ったらすみません。
混ぜる前に写真を撮れよ!という感じですが、混ぜてから撮り忘れてる事に気付きました。
肉を目の前にしたら我慢出来ないのです。
お味の方は‥美味い!臭味も全く無くて、これは老若男女全員にオススメしたい逸品‥ですが、現在生肉は食中毒云々の問題があるため「肉のためなら後日苦しんでも構わない」と豪語出来る者のみにしかオススメ出来ません。

大皿

お次は大皿
タンがタレなのが新鮮でした。
肉には程良くタレが染みており、焼いてそのまま食べるのも良し、タレを更につけて食べるのも良し、といった感じ。
他にカルビ、ロース、ホルモンも和牛だけあって納得の品質でした。

はらみ

お次は特上ハラミ
赤身に見えて実は内臓肉のハラミ、カロリー控えめでヘルシーなのだとか。
しかしこの歯ごたえと味がたまりませんなあ‥カルビ>ロース>ハラミのコンボは毎度外せません。

みすじ

今回のメイン?ともいえる、ミスジ
ミスジが一体どこの部位なのか注文した際はサッパリわかりませんでしたが、どうやら肩部分とのこと。
牛一頭から約2kgしかとれないらしく、なんとこの2枚で大皿以上のお値段がします。
焼く前から分かるその霜降り具合に、これはきっととてつもなく美味いに違いない‥と期待感が否が応にも高まります。

というわけでたった2枚しかないミスジ、焼き誤る訳にはいきません。
細心の注意を払い、裏返すタイミングを見逃さず、丹念に肉を焼肉へと仕上げていく‥ここが焼肉奉行の腕の見せ所です。

ジュウ

焼き上がりました。
一口‥

びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛

口に入れた瞬間、肉の繊維がほどけてまさに「とける」という表現がピッタリと当て嵌まります。
しかも後を引かないサッパリとした味‥これはもう私の独断でキングオブ焼肉の称号を授けざるを得ない!
しかし至福の一時はアッと言う間に過ぎ去るのであった。
ミスジだけの焼肉をしてみたい‥

ユッケビビンバ

〆にユッケビビンバ
また生肉か!また混ぜる前に撮って無いのか!という芸人真っ青のW天丼、しかし肉を前にすると以下略。
左上の辛いヤツ(名前を忘れた)を自分で足して調味するのですが、若干入れ過ぎて辛めになってしまいました。
調味せずにそのまま食べれば良かったで御座る‥

冷麺

鉄砲氏の冷麺
こっちも美味そうでした。

思う存分焼肉を堪能し、重たい腹を抱えつつ帰宅。
何度も繰り返しになりますが、やっぱりお肉って良いですよなあ。

というわけで来週末のグルメ紀行は品川で付け麺だ!
続く、かも知れない。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

GEVA

Author:GEVA
Mail & WindowsLive:
gevarkあっとまーくhotmail.com
Skype:geva1027
mixiニックネーム:GEVA
FinalFantasyXIV:Bahamut
FinalFantasyXI:Cerberus
RagnarokOnline:Olrun(Iris)
FantasyEarthZero:Ishuld(ホル)

趣味:ネトゲ、お絵描き
仕事:そんなこたぁどうでもいい

コンタクトお気軽にヨロシクです!
コメント頂けたら小躍りするレベル



Twitter...A

Twitter < > Reload

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。